院長のブログ

2013年7月28日 日曜日

痔瘻の手術

肛門科日帰り手術の中で一番多いのが、内痔核、いわゆる"いぼ痔"の手術です。
2番目に多いのが、今回、取り上げる痔瘻の手術です。


痔瘻の手術と内痔核の手術で決定的に違う事。
それは、肛門括約筋(以下、括約筋)へのダメージが有るか無いか、です。


内痔核の手術は、括約筋には一切関係ないので、術後にお尻が緩むことはありません。
しかし、痔瘻は括約筋の中を通っている病気なので、括約筋に触れずに治療をすることが出来ません。


痔瘻の手術法は、大きく分けて
①    括約筋を切開して痔瘻を治す"切開開放術式"
②    痔瘻だけをくり抜く"くり抜き法"
に分かれます。


まず、切開開放術式ですが、この術式が許される根拠として、痔瘻の部位によっては
括約筋を切開しても肛門は緩まない・・と認められているからです。
現実は、緩む方は緩みます。頻度は多くなくても、個々の患者さんにととっては、緩むか?緩まないか?の2者択一と言って良いでしょう。

一方、"くり抜き法"ですが、くり抜き、と言っても部分的には括約筋を切開することが多いです。

私は、括約筋を切らないということに固執します。

私自身、痔瘻の手術を受けていますが、術後、変化を自覚しているからです。

お酒が大好きだった私ですが、お酒を飲んだ後、便が緩くなる傾向があり、術後はめっきり飲酒量が減りました(でも日々勉強する時間が増えました)。

私は、痔瘻であれ、内痔核であれ、良性疾患なのだから、機能温存を重視してきました。

根治性も損なわないように・・・

痔瘻の場合は、術後、便が漏れやすくなる可能性があり、特に括約筋へのダメージには気を使います。
当院では、原則、括約筋には一切、ダメージを与えず、完全にくり抜く手術を心がけます。
"完全くり抜き法"と言っても良いでしょう。
手術は当然遣りにくくなります。術後の傷が治る期間も、多少長くなります。

でも一度緩んだ括約筋はもとには戻りません。
加えて、我々は年を重ねるに従い、嫌が応でも括約筋が緩むという宿命と向き合うことになります。

術後の管理に多少時間がかかっても、括約筋にダメージは与えない方が良いと考えています。

反省

忙しさにかまけて、ブログ更新が遠のいてしまった。

嫌々、この業界では、私の忙しさは普通だ。

精神が弛んだのか・・

53歳、もうおじさんですが、心持をあらたにして・・・

投稿者 鶴町クリニック

痔の日帰り手術専門クリニック お電話でのご予約はこちら TEL.03-3425-5220 〒156-0052 東京都世田谷区経堂1丁目14番13号