院長のブログ

2014年7月 2日 水曜日

新しい痔の手術・Anal Cushion Lifting法(肛門形成術)③

Anal Cushion Lifting法(肛門形成術)の素晴らしい点、それはなんと言っても、内痔核を含めた肛門周囲の組織を切り取らないことだ。
肛門周囲の皮膚が持っている高度な知覚に関しては、かつてブログの記事で書いた通りである。
なるべく切り取らないことが重要だ。

今までは、内痔核を切り取らないのであれば、ジオン注射(ALTA療法)を、メスが加わる手術であれば、痔核根治手術(結紮切除法)といって患部を切り取るかのいずれかであった。

それが、手術でありながら内痔核組織も切り取らない。
そんな画期的な手術が確率されたのである

投稿者 鶴町クリニック

痔の日帰り手術専門クリニック お電話でのご予約はこちら TEL.03-3425-5220 〒156-0052 東京都世田谷区経堂1丁目14番13号