院長のブログ

2012年8月29日 水曜日

日本の将来・・・

私は、現在52歳になりました。

 


 今は、毎日、楽しみながら、仕事の打ち込んでいますが

人生の折り返し地点を過ぎたことは確かです。

 

早晩、社会のお世話になって生きていく状態が必ずやってきます。

 

日本の将来が気になります。

財政問題、外交、食糧、領土、少子高齢化、原発問題、震災復興・・・

考えると頭が痛くなります。

 

たとえば財政問題。

日本のGDP500兆円前後として、普通国債レベルの債務残高が1000兆円弱。

GDP2倍を超える債務残高は、先進国の中でも最悪の状態。

世界中でも2番目に悪い状態と言われています。

 

現在は、超低金利で、住宅ローンを組むには良いのかも知れませんが、

貯金をしても利息が付きません。

かりに1%金利が上がって、貯金に利子がつくようになったとしても

今度は国債の返済が利回り部分だけで、元本が全く返済できなくなってしまう状態になってしまうそうです。

 

日本の財政問題に関しては

「日本は、世界最大の対外債権国だから大丈夫」

「日本の技術レベルは世界トップレベルだから大丈夫」

といった、意見があります。

これに対して

「国債暴落、ハイパーインフレ」

IMF管理下」

「経常赤字が常態化したら危険」

といった、意見もあります。

 

事の真偽は、私には判断できません。

 

万一、破綻とまでは行かなくても、財政がのっぴきならない状態になれば、

私が、一翼を担っている医療も、年金も大きな停滞を強いられると思います。

 

我々の生活は、根底から覆されます。

 

政治家だけに任せて、解決できる問題ではなさそうです。

 

我々、国民も覚悟を持って、生活する必要があるのかも知れません。

 

投稿者 鶴町クリニック | 記事URL

2012年8月19日 日曜日

手術に使う道具・・その1

日々、肛門疾患の日帰り手術に取り組んでいる。

 

日帰り手術だからと言って

簡単に手術をする訳ではない。

すべての面で入院治療と、同等でなくてはならない。

 

このような事が可能になった背景には

手術機器(道具)の性能向上がある。

 

当院の場合は、超音波メスを多用、重視している。

超音波の振動で組織を切る機械である。

電気メスのように、高温にならないので、組織の損傷が少ない。

止血効果も高い。

 

内痔核の日帰り手術では、得に高い止血効果が求められる。

術後、通常業務活動に戻った時に、出血してしまう、

いわゆる術後出血は許されない。

この意味で、超音波メスの貢献度は大である。

 

我々、医師自身の手技向上に向けた不断の努力が必要なのは

言わずもがな、であるが

体に優しく性能も良い、医療機器を開発する

医療機器メーカーの努力に感謝したいと思う。

投稿者 鶴町クリニック | 記事URL

痔の日帰り手術専門クリニック お電話でのご予約はこちら TEL.03-3425-5220 〒156-0052 東京都世田谷区経堂1丁目14番13号