院長のブログ

2012年12月24日 月曜日

来年に向けて

今年も残すところ、あと1週間たらず。とにかく月日が経つのが早い

 

1年なんてあっと言う間だ。

 

昨日(H24/12/23)、NHKの特集で"日本国債"という番組を見た。

借金まみれの現状。返す当てもなく、借金を増やさざるを得ない状況。

 

日本は岐路に立っていると、つくづく思う。

 

私も医療従事者として、医療というサービスを中心に、日本のために

何ができるか?大したことはできなくても考え続けねば。

 

自民党が圧勝した。

インフレ目標を2%にすると・・・

すでにGDP2倍の借金を背負った中での、さらなる金融の量的緩和だ。

日本には、いくらお札を刷りまくって市中に供給しても

企業にお金が回りにくい状況があるようだ。

金利だけが上がって、所得が増えなかったら、我々、日本の底辺を支えている

者には、壊滅的ダメージになるはずだ。

国債暴落、ハイパーインフレを虎視眈々と狙っているヘッジファンドも

あるらしい。

 

この難局を改善すべく、医療従事者として何ができるのか?

日本には、技術があり、おもてなしの心がある。

おもてなしの心は、なにも旅館やホテルだけの十八番ではない。

この辺りを組み合すことが出来ないか?

正月休みは、腰を据えて考えてみたい。

 

今年、現在までに行った(H24/1/112/23)、検査、手術を抜粋した。

胃内視鏡検査:831

大腸内視鏡検査:469

内痔核手術(ジオン治療も含めて):301

当院は、一般診療を合わせて行っている。

医師たる者、専門性は専門性として大事に育て、一般診療、ジェネラルな医療にも

貢献しあくてはいけない、と考えるからだ。

私一人で治療にあたるので、どうしても治療、検査できる件数は限られる。

 

わずかな数かもしれない。

しかし、この数を、過去にさかのぼり、じっくり検討してみようと思う。

私が、日本国のために何をすべきか、何ができるのか?

ヒントが隠されているに違いない。

 

投稿者 鶴町クリニック | 記事URL

2012年12月 9日 日曜日

当院の肛門科日帰り手術について

2002年から、本格的に肛門疾患日帰り手術に取り組んでいます。

当院と言うか、私の肛門疾患日帰り手術に関する方針は、”なるべく切らない”、”切る場合はなるべく最小限度に”
と心がけています。

なぜなら、内痔核、痔瘻、裂肛といった疾患は良性疾患であり、肛門は単なる便の排泄のみならず、高度な機能を有しているからです。

病変は治癒しても、排便の時に違和感を感じるようになってはいけません。
また、切った結果、現在は何事もなくても、高齢になったとき、どのような影響が出るかは、だれにも分からないからです。

病変の治療と肛門機能の保持を常に考えながら治療をします。

肛門疾患の手術で一番多い、内痔核の手術では、”ジオン”の登場が私の考えを、強く支えてくれます。
痔瘻の手術も同じです。治癒まで多少時間がかかっても、括約筋は切りたくありません。

自分自身も、痔の手術を受けています。

大腸内視鏡も、ほかのもろもろの医療行為もすべて同じことが言えます。

体に優しい治療を目指さなくてはいけない、と思っています。

投稿者 鶴町クリニック | 記事URL

痔の日帰り手術専門クリニック お電話でのご予約はこちら TEL.03-3425-5220 〒156-0052 東京都世田谷区経堂1丁目14番13号