院長のブログ

2014年7月 2日 水曜日

新しい痔の手術・Anal Cushion Lifting法(肛門形成術)④

Anal Cushion Lifting法(肛門形成術)は、理論の面でも、機能温存という面でも非常に良い術式だ。

しかしながら全ての内痔核の患者さんが、画一的にこの術式を受ければ良いというわけではない。

やはり柱になるのは、ジオン注射(ALTA療法)だと思っている。

ジオン注射(ALTA療法)の場合も、従来からある痔核根治手術(結紮切除法)も再発の可能性はゼロではない。

たとえ、ジオン注射(ALTA療法)で再発したとしても、可能な状態であれば、再度、いや再々度までジオン注射(ALTA療法)で頑張るというのが一般的になっている。
それだけ、患部にダメージを与えるべきではない、と言うことだろう。

大切な場所だけに、治療法の選択肢が増える、それも機能温存の手段が増えたことは喜ばしいことだ。

投稿者 鶴町クリニック | 記事URL

2014年7月 2日 水曜日

新しい痔の手術・Anal Cushion Lifting法(肛門形成術)③

Anal Cushion Lifting法(肛門形成術)の素晴らしい点、それはなんと言っても、内痔核を含めた肛門周囲の組織を切り取らないことだ。
肛門周囲の皮膚が持っている高度な知覚に関しては、かつてブログの記事で書いた通りである。
なるべく切り取らないことが重要だ。

今までは、内痔核を切り取らないのであれば、ジオン注射(ALTA療法)を、メスが加わる手術であれば、痔核根治手術(結紮切除法)といって患部を切り取るかのいずれかであった。

それが、手術でありながら内痔核組織も切り取らない。
そんな画期的な手術が確率されたのである

投稿者 鶴町クリニック | 記事URL

2014年7月 2日 水曜日

新しい痔の手術・Anal Cushion Lifting法(肛門形成術)②

まず、脱出している内痔核に沿って縦の皮膚切開を加える。
内痔核は肛門括約筋と繊維組織を介して密着している。
その繊維組織を出血しないように切離していくと、脱出した内痔核組織が括約筋から離れてブランブランの状態になる。
十分にブランブランの状態になったら、脱出している内痔核組織を直腸の元の位置に戻し、正しい位置で括約筋に固定する、と言った方法だ。
誰しも、「そんなことをしてもまた出てきてしまうのではないか?」と心配になるが、
正しく行えばそんなことはない。

注射だけで済むという方法ではなく、手術操作は必要になるが、内痔核組織は原則切り取らない。

ほんとにすごい方法だと思う。

投稿者 鶴町クリニック | 記事URL

痔の日帰り手術専門クリニック お電話でのご予約はこちら TEL.03-3425-5220 〒156-0052 東京都世田谷区経堂1丁目14番13号