HOME > いぼ痔について

内痔核について

「男女を問わず、日本の痔主の約6割を占めているのが、痔核(内痔核、外痔核)です。
肛門の皮膚は、僅かに肛門の中まで入りこんでいます。肛門の中は、僅かに入り込んだ皮膚の部分と、さらに上の直腸粘膜に分かれます。その境界線を歯状線といいます。歯状線より上の直腸粘膜の静脈が、うっ血してコブ状に腫れた状態が内痔核です。後述しますが、歯状線より下、皮膚の部分が腫れた状態が外痔核です。

原因は、便秘など、排便が困難な時のいきみだと言われています。(この内痔核には、本人が自覚していない「隠れ内痔核」、「隠れいぼ痔」の患者さんも多くいらっしゃいます)。
肛門の奥には、静脈が腫れたコブ(内痔核)が外に出ないようにつり上げている繊維がありますが、排便時のいきみが強いと、この繊維が伸びて、コブが肛門の外に出て(脱肛)しまいます。内痔核の腫れが進行すると排便後に便を出し切れていないという「残便感」が残ったり、便を巻き込んで痔が脱肛し、便漏れを起こすこともあります。疲労がたまるとコブが出てくるケースも多いです。」

症状と治療

症状 出血、痛み、脱肛
治療 出血と痛みだけの場合は肛門に座薬や軟膏を注入して治します。
排便の度にコブが肛門の外に出る脱肛は、第一選択としてジオン注射で治療します。程度によっては手術になりますが、ジオン注射を併用し出来るだけ切る範囲を少なくします。再発した状態の場合も、出来るだけ、再度ジオン注射で治療します。ジオン注射では効果が得られない時は、切除で治します。日帰り手術についてはこちら。
内痔核の症状を緩和するためには、
  • 排便後はウォシュレットで肛門を洗浄し、清潔に保つ
  • 食物繊維を含む食べ物を摂取、薬を使って便通を良くする
ことが大切です。
内痔核の患者さんに一番適切な治療法はどれか?
それは、内痔核の進行状態の程度によって、適切な治療法は変化します。
進行状態の程度は、Goligher分類と呼ばれる4段階に分けられます。
このGoligher分類別にて、一番望ましい治療法が推奨されます。

内痔核の治療法の選択

Ⅰ度
脱肛していない
Ⅰ度 ・保存的治療
(注入軟膏、座薬、内服薬)
Ⅱ度
排便時に脱肛するが、
自然にもとに戻る
Ⅱ度 ジオンを用いた硬化療法
輪ゴム結紮治療
Ⅲ度
排便時に脱肛し、
指で押し込まないと戻らない
Ⅲ度 ジオンを用いた硬化療法
手術(結紮切除法)
・ジオン注射と手術併用
Ⅳ度
排便時以外も常に
脱肛している状態
Ⅳ度 手術(結紮切除法)

外痔核について

「内痔核のところでも解説しましたが、肛門の皮膚は、僅かに肛門の中まで入りこんでいます。肛門の中は、皮膚が入り込んだ部分と、さらに上の直腸粘膜に分かれます。その境界線を歯状線といいます。歯状線より下、皮膚の部分の静脈が腫れた状態が外痔核です。既述したように、歯状線より上の直腸粘膜の静脈が、うっ血してコブ状に腫れた状態が内痔核です。

原因は外痔核も内痔核も同じです。解剖学的な位置で分けたに過ぎません。内痔核だけが存在する事も無ければ、外痔核だけが存在する事もありません。どちらも必ず併存し、内外痔核という表現が正しいでしょう。ただ両方、併存するとは言っても、歯状線より上の部分が優位なものを内痔核、下の物が優位な場合を外痔核と呼んでいます。

注意をして頂きたいのは、紛らわしい病名ですが「血栓性外痔核」という状態もあります。これは、いきみすぎて内出血をして、コリコリしたしこり(血腫=血豆)が肛門に接して出来た状態です。厳密には、歯状線より下、皮膚の部分の静脈が腫れた状態を狭義の外痔核として扱い、血栓性外痔核は、肛門の一過性の外傷として扱うようにしています。血栓性外痔核は、狭義の外痔核が有ろうとなかろうと、誰でも、息んだはずみで発症する可能性があります。」

外痔核の症状

狭義の外痔核では、お尻を触ったら何となく腫れぼったい。出血、痛みなど。血栓性外痔核の方が、痛みが強い傾向がある。

外痔核の治療

静脈の腫れとしての狭義の外痔核の治療方針は、内痔核とほぼ同じです。ただ、メスを入れない治療法である輪ゴム結紮や、ジオン注射(ALTA療法)は、歯状線より上の直腸粘膜が腫れた内痔核に対して大きな効果を発揮します。また歯状線より下の肛門皮膚には、輪ゴム結紮や、ジオン注射(ALTA療法)は、原則行えません。
したがって、狭義の外痔核に対しては、輪ゴム結紮や、ジオン注射(ALTA療法)単独では、効果を出しづらく、輪ゴム結紮とジオン注射(ALTA療法)の併用やジオン注射(ALTA療法)と切除の併用といった治療法が選択される場合が多いです。

血栓性外痔核の治療は、「その他の肛門疾患」のところで解説します。

いぼ痔の切らない治療(ジオン)はこちら いぼ痔の日帰り手術はこちら
痔の日帰り手術専門クリニック お電話でのご予約はこちら TEL.03-3425-5220 〒156-0052 東京都世田谷区経堂1丁目14番13号