HOME > 痔瘻(あな痔)について

痔瘻(あな痔)について

痔瘻(あな痔)

肛門の皮膚は、わずかに肛門の中まで入りこんでいます。入り込んだ肛門皮膚の上が直腸粘膜になります。
入り込んだ肛門皮膚と直腸粘膜の境界がデコボコし、くぼみを形成しています。このくぼみの部分に肛門腺があります。
肛門腺があるくぼみに下痢便などの細菌が入り、感染(炎症)が起きることによって、くぼみのある直腸と肛門周辺の膚の間に道(瘻管)が出来て、トンネル状につながってしまうのが「痔ろう」です。

肛門周辺の皮膚に穴ができ、そこから膿が出るため「穴痔」とも呼ばれています。

下痢が原因で発症する痔ろうは女性よりも男性がなりやすい症状です。

痔瘻(あな痔)

痔ろうが悪化するとアリの巣状に枝分かれする「複雑痔ろう」になり、手術が必要になる場合があるほか、放置しておくと、痔ろう癌になる可能性も高くなります。

症状と治療

症状 肛門や臀部から血膿が出て、下着やズボンが汚れてしまう。膿が溜まって肛門周囲膿瘍を併発すると発熱があり、腫れて、排便時に限らず激痛を伴うのが特徴。
治療 いぼ痔や切れ痔とは異なり、痔ろうは軟膏などの薬では治らず、手術が必要です。痔ろうの手術は、病変が通っている筋肉を切るのが一般的ですが、当クリニックでは、筋肉を切らずに痔ろうだけを完全にくり抜く「くり抜き法」を行っております。
日帰り手術を参照
痔瘻(裂肛)の日帰り手術はこちら
痔の日帰り手術専門クリニック お電話でのご予約はこちら TEL.03-3425-5220 〒156-0052 東京都世田谷区経堂1丁目14番13号