HOME > 切れ痔(裂肛)について

切れ痔(裂肛)について

切れ痔(裂肛)

硬い便が出る時に肛門が傷つけられてできる裂傷が「切れ痔(裂肛)」です。日本の痔主の約3割を占める「切れ痔(裂肛)」は、便秘が原因で、女性に多く見られます。

切れ痔(裂肛)

切れ痔(裂肛)が進行して傷が深くなることで、肛門括約筋が痙攣しやすくなってしまいます。また、痛みも強くなります。この状態が続き、肛門が狭くなってしまうことで、便秘になり硬い便が原因で再度切れてしまうという悪循環を起こしてしまうこともあります。

切れ痔(裂肛)が慢性化すると、裂傷部が潰瘍化してしまい、患部周辺に「見張りいぼ」と呼ばれるポリープができることもあります。状況によっては、裂傷に便が入り込み、化膿して痔瘻に進展してしまう場合もあります。

症状と治療

症状 裂傷ができることで発生する排便時の出血と痛みが主な症状です。排便時の症状が強いですが、排便時以外でも痛みを感じる事があります。また裂肛が慢性化すると肛門にポリープが出来たり、肛門が狭くなって便が細くなったりします。
治療 裂傷を治すための軟膏を注入ことが、基本になります。裂肛は治りにくく、月単位で軟膏を注入する場合も少なくありません。括約筋の緊張が強すぎる場合は、美容整形で用いるボトックス注射で筋肉を弛緩させたりすることもあります。症状がさらに進み、治りにくくなった場合は、手術も視野にはいります。肛門狭窄(すぼまって狭くなっている)になった場合は、遊離皮膚弁移植術という手術を行います。ポリープが出来た時は、ポリープを切除します。日帰り手術の説明はこちら。

切れ痔(裂肛)を予防するには

水分や繊維を含む食べ物を摂取、薬を使って便を軟らかくし、便秘にならないように心がける事が大切です。

切れ痔(裂肛)の日帰り手術はこちら
痔の日帰り手術専門クリニック お電話でのご予約はこちら TEL.03-3425-5220 〒156-0052 東京都世田谷区経堂1丁目14番13号