HOME > その他の肛門疾患

その他の肛門疾患

肛門疾患
肛門疾患

内痔核かん頓

内痔核かん頓

肛門から脱出した「いぼ痔」が肛門括約筋によって締め付けられ、腫れ上がってしまい、もとに戻らなくなってしまった状態の内痔核を内痔核かん頓と言います。。
症状としては、肛門の強い痛みと出血があり、また分泌液がでてくる、などがあります。
便秘の後、きつい下痢に後、過度にアルコールを摂取した際に発症します。

治療方法としては、局所麻酔もしくは硬膜外麻酔を行い、括約筋の圧迫を緩和し、脱出したいぼ痔(内痔核)を強制的に肛門内に戻す処置が必要なる場合があります。

血栓性外痔核

血栓性外痔核

排便時に無理に力をいれていきんだ際に、肛門周辺の血管が切れてしまい、肛門の入り口周辺に血栓(血の塊)ができ、しこりができた状態を血栓性外痔核と言います。
症状としては、強い痛み、肛門部にしこりができ、切らずに治るケースが多いですが、切除が必要になる場合があります。

肛門周囲膿瘍

肛門周囲膿瘍

肛門腺(直腸と肛門の境目)のくぼみに下痢便などの細菌が繁殖して、膿がたまってしまった状態を肛門周囲膿瘍と言います。
症状としては、だんだんと痛みが増して、肛門部が腫れてしまい、熱を伴うこともあります。症状が確認された場合は、その場で切開して膿を出す治療を行うことが多いです。治療せずに放置しておくと。悪化して痔瘻(あな痔)となってしまう場合もあります。

肛門ポリープ

肛門ポリープ

痔(切れ痔やいぼ痔)が原因で、慢性的に肛門周辺に炎症が起こって、皮膚が盛り上がりポリープ状になった症状を言います。放置しておくとポリープが大きくなったり、根本が裂けたりします。できてしまったポリープは基本的には手術治療が必要となります。

尖圭(せんけい)コンジローマ

尖圭(せんけい)コンジローマ

肛門周辺がウイルス感染してしまい、小さなイボがたくさんできてしまった状態をいいます。
超音波メスを使って焼灼する治療が有効です。

痔の日帰り手術専門クリニック お電話でのご予約はこちら TEL.03-3425-5220 〒156-0052 東京都世田谷区経堂1丁目14番13号